3.5 C
Munich
金曜日, 1月 22, 2021

酒類

三位一体で開発「いいちこ円熟」 新たな旨さ実現

三和酒類(本社・大分県宇佐市、下田雅彦社長)は8日から、「いいちこ円熟900㎖(25%)」を九州県内のファミリーマート酒類取扱店舗(宮崎、鹿児島、沖縄を除く)で数量限定発売している。この商品は三和酒類とファミリーマート、大麦生産者が共同開発したファミリーマート専用の特別限定焼酎。

名誉ソムリエに古川政務官 “ワイン仲間を増やしたい”

日本ソムリエ協会は7日、東京都内で「ソムリエ・ドヌール(名誉ソムリエ)」授与式を開き、古川康総務大臣政務官(衆議院議員)に授与し、295人目のソムリエ・ドヌールが誕生した。古川氏は12年11月に佐賀県原産地呼称管理制度が立ち上がった際の県知事であったことから推薦に至った。

甘くない「檸檬堂」 ブランド初のドライタイプ その名は「カミソリレモン」 コカ・コーラシステム

コカ・コーラシステムは28日、こだわりレモンサワー専門ブランド「檸檬堂」からブランド初となるドライタイプの「檸檬堂 カミソリレモン」を発売する。同商品は、アルコール度数9%、レモン果汁9%で、無糖の甘くないレモンサワー。

「キリン麹レモンサワー」上方修正の目標を達成 100万箱へさらに上積み

キリンビールが10月13日に発売した「キリン 麹レモンサワー」が、10月下旬に上方修正した年間販売目標約67万箱(250㎖×24本/箱、当初予定の約7割増)を11月下旬に達成。修正目標のさらに5割増(当初予定の約2.6倍)になる100万箱に再上方修正した。

伊ワイン、日本は重要市場 感染対策徹底し試飲会

イタリア大使館貿易促進部は11月30日、12月1日の2日間にわたり、東京都内のホテルで、イタリアワイン試飲会・オンライン商談会「BORSA VINI ITALIANI 2020」を開いた。BORSA VINI(ボルサ・ヴィーニ)はイタリアワイナリーが出展する展示商談会で、

愛知常滑の澤田酒造 麹室火災に支援の輪 県酒造組合が義援金口座

11月27日、仕込蔵の麹室が火災に見舞われた澤田酒造(愛知県常滑市)に支援の輪が広がっている。愛知県酒造組合はいち早く義援金の受付窓口を設置。同蔵と取引がある酒販店や飲食店、地元醸造メーカー仲間なども情報を発信し、「飲んで応援、買って応援」を呼びかけている。

お茶専門店ルピシアがクラフトビール挑戦 ニセコ町に工場、通販限定で5種セット発売

お茶専門店ルピシアはクラフトビールに挑戦する。同社は9月、北海道・ニセコ町に自社ビール工場を竣工。北海道でも屈指の名水として知られる羊蹄山麓エリア・ニセコの清流を生かしながらビール醸造家が味わいと香りを設計し、

輸入ワイン首位「アルパカBIB」購買行動の変化捉え好調、上方修正 アサヒビール

輸入ワイン最大ブランドのアサヒビール「サンタ・ヘレナ・アルパカ」から10月13日に発売されたバッグインボックス(BIB)2商品は、発売2週間で年間の当初計画数量を達成し、計画を当初比3倍(3万箱)に上方修正した。

Latest news

Cardi B Deletes Instagram After Social Media Backlash Over Her Historic Grammys Win

What was expected of her was the same thing that was expected of Lara Stone: to take a beautiful...
- Advertisement -

Offset Shares a Video of Cardi B Giving Birth to Baby Kulture

What was expected of her was the same thing that was expected of Lara Stone: to take a beautiful...

Jennifer Aniston’s Ex Justin Theroux Wishes Her Happy Birthday on Instagram

What was expected of her was the same thing that was expected of Lara Stone: to take a beautiful...

Must read

Lady Gaga and Cardi B Meet at the Grammys

What was expected of her was the same thing...
- Advertisement -

You might also likeRELATED
Recommended to you

食物アレルギー 社会的な認識強まる コロナ禍で苦慮も外食への波及に期待

アレルゲンを含む食品の特定原材料表示が義務化され、まもなく20年になる。この間、食物アレルギーに対する社会の認識は強まってきた。流通サイドの関心も高く、小売業から食物アレルギーに配慮した商品を販売するメーカーに対し、

鹿児島の小売業界 域外勢攻勢に地元勢防戦一方 市場変化で競争激化続く

鹿児島県の主要流通企業(生協を含む)の19年度決算がおおむね出揃った。大和を除き増収だったが、経費増を吸収できなかったことで、減益または赤字に転じた企業が増加した。赤字転落した山形屋ストアと大和は減損損失計上が大きく響いた形となった。

豆乳ヨーグルト事業が好調 牽引役は「SOYBIO」 ポッカサッポロ

ポッカサッポロフード&ビバレッジの豆乳ヨーグルト(乳酸発酵豆乳)事業が好調に推移している。同社は15年に豆乳ヨーグルト市場に参入し、トーラクから引き継いだ豆乳ヨーグルトを委託製造にて販売。19年3月には53億円を投じて自社製造工場を新設し、