0.2 C
Munich
日曜日, 11月 29, 2020
- Advertisement -

CATEGORY

漬物

片山食品 感謝の“ドデカ盛” 発売16周年を記念して

片山食品は7月27日出荷分から9月末まで、「きんぴらめかぶ」「割干ハリハリ」の発売16周年を記念した感謝セールを実施する。ボリューム満点の「ドデカ盛 きんぴらめかぶ」「同 割干ハリハリ」を市場投入し、まだまだ続くとみられる家ごはん・家飲み需要に応える。

ありそうでなかったチューブ入りぬか床「ラップで簡単」 ユーザー拡大へ新提案 厚生産業

同品の特徴は、難しいとされるぬか床の管理などが一切いらない点にある。例えば、きゅうりのぬか漬けを作る場合、ラップの上にきゅうりと同品(きゅうり1本の場合は約12cm)を絞り出し、ぬかがきゅうり全体に覆うように包み一晩寝かせるだけで、誰にでも簡単に失敗なくぬか漬けづくりを楽しめる。

南高梅が出荷開始 ピークは“梅の日”ごろから

JA紀南は25日、紀南の梅産地情報を発表した。小梅・古城は5月中旬から出荷が始まっているが、4月下旬から5月上旬にかけて降雨が少なく小玉傾向で推移し、現在終盤に向かっている。南高は早場では5月下旬から出荷が始まり、ピークは6月6日の梅の日頃からを予想している。

にんにく漬で夏バテ防止を 片山食品、需要期に徳用企画

にんにく漬のトップメーカーである片山食品は、需要期である夏季に向けて徳用企画商品を提案する。5月25日出荷分から7月末出荷分まで「お徳用みそかつおにんにく」「お徳用しそかつおにんにく」(各170g)を発売し、夏バテ防止やスタミナアップの消費者ニーズに対応する。

ピックルスコーポレーション 成長持続へ柱育成 今期も過去最高売上げ計画

漬物最大手のピックルスコーポレーションは、惣菜製品などの拡販により今期売上高も過去最高を計画している。漬物市場において引き続きシェアを高めるとともに、成長市場である惣菜分野の商品開発にも注力。ECサイトや外食・小売事業など新規事業にも積極的に取り組み、さらなる成長を目指す。

紀州梅 平年より少ない着果 園地によってばらつきも

JA紀南はこのほど、梅産地情報を発表した。今月15日の定点調査では、小梅・古城・南高の着果数は前年・平年より少なかった。着果程度の傾向としては、平坦部の着果はやや多く、山間部は少ない傾向であり、園地によるばらつきが大きかった。

漬物・みそ、新型コロナの影響も 今後の生産と在庫調整懸念

漬物市場では免疫力向上が期待されてか、キムチが販売好調だ。有力メーカーは軒並み前年実績を上回り、中には一時出荷制限に追い込まれた大手メーカーもあった。4月に入っても増加傾向は継続し、現在もフル稼働で対応しているメーカーがある。今後、GWに向けて、生産、在庫等の調整がかなり困難になる可能性も出てきた。

「べったら市」 東京の秋の風物詩 今年も約500軒の露店

べったら市が19、20日、東京・日本橋小伝馬町の宝田恵比寿神社とその周辺で開催された。今年は土日開催ということもあり、べったら漬ファンが多数訪れ、家族への手土産に、また地方の友人知人に宅配便で送る姿が見られた。

発酵食品のテーマパーク 飯能で起工式 OH

漬物最大手ピックルスコーポレーションの連結子会社であるOHは先頃、埼玉県飯能市にある「OH!!発酵・健康・食の魔法」の建設予定地において起工式を実施した。同施設の完成と事業開始は来年春頃を予定している。

「梅議連」が総会 梅産地出身議員ら 農家負担軽減へスマート農業技術推進

梅振興議員連盟は12日、衆議院第二議員会館で総会を開き、農繁期における労働力確保や労働生産性向上、梅農家の作業負担軽減につながるスマート農業技術の導入・実証等の対策などを盛り込んだ決議案を採択した。

沢庵漬 フレコン収穫を推進 原料農家の作業負担を軽減

沢庵漬の有力メーカーが原料農家の作業負担軽減に取り組んでいる。農家の高齢化と収穫作業時の労働力不足により、加工用大根の出荷量は年々減少しているが、農家を収穫時の重労働から解放するハーベスター&フレコンバッグの推進により、逆に原料の作付面積を増やすメーカーもある。

「岩下の新生姜」に機能性表示 夏も冬もぽかぽか生活応援

岩下食品の代表商品である「岩下の新生姜 80g」は先頃、機能性表示食品の届け出が消費者庁に受理され、栃木県内初の機能性表示食品となった。冬から機能性表示を行ったパッケージでの販売を予定している。

遠藤食品「さくら大根」の製造開始 人気ブランドを継承

業務用ガリ大手の遠藤食品(本社・栃木県佐野市)はこのほど、みやま食品工業(本社・千葉県我孫子市)の人気商品「さくら大根」ブランドの製造・販売に関する事業を継承した。4月末に営業権が譲渡され、GW明けから遠藤食品で製造販売を開始している。ブランド存続の一つの形として注目される。

梅、紀州南高は平年並に 今月末ごろから販売

南高梅の一大産地である紀南では、今年の生産量は平年並みとなりそうだ。JA紀南によると、5月7日時点の定点調査の実肥りは、小梅15.2mm(平年比90%)、古城25.1mm(平年比85%)、南高26.1mm(平年比88%)となった。

ピックルスコーポレーション 売上高400億円突破 西日本の販売拡大に注力

漬物トップのピックルスコーポレーションは前2月期の連結売上高が400億円を突破し、売上高、営業利益、経常利益、純利益とも過去最高を達成した。今期は10月に発売10周年を迎える「ご飯がススムキムチ」や、順調に成長している惣菜の拡販に力が入る。

「岩下の新生姜」V字回復 プロモーション転換で成果

岩下食品の「岩下の新生姜」がV字回復している。2015年から再び伸長し、18年まで4年連続で増加。16~18年は2ケタ増で、前期は20%増と大幅伸長した。オールドファンにはTVCMで知られる商品だが、12年ごろからプロモーション方針を転換。

フォトジェニックな福神漬レシピ コンテスト受賞作品が決定 新進

新進はこのほど、第10回「福神漬を使ったレシピコンテスト」の受賞作品を決定した。今年は5~6月の応募期間内に、多くのアイデアあふれる料理作品が寄せられた。

おかしな相互コラボ 岩下の新生姜とパインアメ

岩下食品は今月27日に「岩下の新生姜 パインアメ味」を、パインは9月3日に「岩下の新生姜のど飴」を発売する。相互コラボレーション商品の発売により、秋から冬にかけて需要が高まる生姜、のど飴の市場に新風を吹き込む。

原料不足続く沢庵 安定供給へ収穫負担軽減、価格適正化目指す

大根の一大産地である南九州では、17年度産の不作により沢庵の原料が不足している。台風、日照不足、霜など天候要因もさることながら、高齢化や転作など生産農家の減少が大きい。南九州の沢庵漬メーカーは収穫作業の負担軽減を図るとともに、原料と製品の価格適正化に取り組んでいる。

ピックルスコーポレーション ECサイト開設

ピックルスコーポレーションは23日、独自の乳酸菌Pne―12(ピーネ12)を活用した商品を展開するECサイト「ピーネオンラインショップ」と、原料と製法にこだわった漬物を展開するECサイト「八幡屋オンラインショップ」を開設した。

Latest news

Social Media Marketing for Franchises is Meant for Women

The main thing that you have to remember on this journey is just be nice to everyone and always smile. Refreshingly,...

Customer Engagement Marketing: A New Strategy for the Economy

The main thing that you have to remember on this journey is just be nice to everyone and always smile. Refreshingly,...

Entrepreneurial Advertising: The Future Of Marketing

The main thing that you have to remember on this journey is just be nice to everyone and always smile. Refreshingly,...

Mobile Marketing is Said to Be the Future of E-Commerce

The main thing that you have to remember on this journey is just be nice to everyone and always smile. Refreshingly,...

How Nancy Reagan Gave Glamour and Class to the White House

The main thing that you have to remember on this journey is just be nice to everyone and always smile. Refreshingly,...
- Advertisement -