「ボルヴィック」出荷終了 国産水の台頭など輸入水取り巻く厳しい環境が背景か キリンビバレッジ

キリンビバレッジは6日、フランスのナチュラルミネラルウォーターブランド「ボルヴィック」の出荷を20年末に終了すると発表した。これは、ブランドオーナーであるソシエテ・デ・ゾー・ド・ボルヴィック社との製造委託契約終了に伴う動きとなる。

その背景には輸入ミネラルウォーターを取り巻く厳しい環境があると思われる。

「ボルヴィック」をはじめとする輸入ミネラルウォーターは1993年のブームで大幅に拡大したものの、近年は下降傾向にある。その主要因は国産ミネラルウォーターや無糖茶の台頭にあり、国産ミネラルウォーターは96年4月に国産小容量ペットボトル製品の販売が解禁されたことを機に消費量が増加している。

18年頃からはインバウンド需要の盛り上がりに伴い一部のブランドで復調傾向も見られたが、コロナ禍の影響で、その道も閉ざされた状態になっている。

キリンビバレッジは今年、強固なブランド体系の構築として「午後の紅茶」と「生茶」に経営資源を一層集中させていく方針を掲げている。