「ブレンディ」スティック大刷新 注ぐ湯量の増加など生活者の変化に対応 味の素AGF

カフェオレ濃厚感UP、ロゴカラー統一、2本入り新登場

味の素AGF社は「ブレンディ」スティックを大刷新して8月20日から順次発売する。15年以来、5年ぶりとなる大刷新で品質向上とバラエティの拡充を図ったほか、「ブレンディ」スティック全品のロゴカラーをグリーンに統一。環境にも配慮して包材使用量を削減、アジアで初めて4C認証ロゴマークを導入する。

3日、本社で発表した古賀大三郎リテールビジネス部長は「プロダクト・プロモーション・サスティナビリティの3つのポイントに『ブレンディ』スティックの価値を増強していく」と語った。

AGF調べによると、19年度(19年4月1日~20年3月末日)のスティックコーヒー市場は前年比1・3%増の332億円と推定。約5割のシェアを占める同社スティックも拡大したが、生活者の変化に対応するため大刷新に踏み切ったという。

古賀大三郎リテールビジネス部長(味の素AGF)
古賀大三郎リテールビジネス部長(味の素AGF)

「飲用する際に注がれるお湯の量が4、5年前と比べて10%程度増えていることがよく分かった。恐らくマグカップが大きくなったことが起因しているのだと思う。仕事をしながら時間をかけて飲まれる中で、同じような味を提供しているようでは今の生活者のニーズは満たせない」と説明した。

この考えの下、定番アイテムの「カフェオレ」の品質を刷新。味の素グループのスペシャリティ素材を配合するなどして濃厚感をさらに向上させた。

パッケージは、AGFのメインブランドである「ブレンディ」強化の方針から、「ブレンディ」スティック全品のブランドロゴをグリーンに統一する。同時に「紅茶オレ」「ココア・オレ」といった各アイテムの識別性も向上させて「生活者に『ブレンディ』のスティックであることと、いろいろな味が楽しめることを強力に訴求していく」。

AGFでは「ブレンディ」の強みを同社と各ブランドへ波及させて同社全体のブランド力を強化していく方針を掲げている。

テスト販売でトライアル購入が多かった2本入り商品を発売(ブレンディ カフェラトリースティック)
テスト販売でトライアル購入が多かった2本入り商品を発売(ブレンディ カフェラトリースティック)

バラエティも強化する。新商品「キャラメルカフェオレ」を投入するとともに「もっと気軽にいろいろな味を楽しみたいというご要望を多数いただいた」ことに対応して、計12品種で2本入り商品を新発売する。

同社調べによると、昨年12月に2本入り商品をテスト発売したところ、購入者の半数以上が初めてスティック商品を購入した人であることが判明した。

今回、「ブレンディ」スティックから8品種を税抜90円、「ブレンディ カフェラトリー」スティックから4品種を税抜100円の想定定番売価でラインアップする。

専門店品質の濃厚な味わいがコンセプトの「ブレンディ カフェラトリー」スティックのコーヒー系品種も刷新。「泡の品質を向上させた。きめ細かく、なめらかで豊かな味わいを強化すべく、現行品と比較すると約1・1倍の泡の量となるようにした」。外食のトレンドを反映して「カフェラトリー」から「濃厚ピスタチオココア」と「濃厚フロマージュミルクティー」の新商品も発売する。

「ブレンディ」スティックのプロモーションは、岩田剛典さんを起用した新コミュニケーションを実施するとともに、ノンコーヒー品種で展開していた「ブレンディ」メッセージ付きスティックを「カフェオレ」にも拡大していく。

「ブレンディ カフェラトリー」スティックの新商品「濃厚ピスタチオココア」㊧と「濃厚フロマージュミルクティー」
「ブレンディ カフェラトリー」スティックの新商品「濃厚ピスタチオココア」㊧と「濃厚フロマージュミルクティー」

サスティナビリティの取り組みでは、スティック包材の仕様変更や箱(カートン)サイズの最適化により包材使用量を削減。パッケージには「ブレンディ」スティックが行う社会課題解決の一部をパッケージ裏面で紹介している。

その中で持続可能なコーヒー豆調達への取り組みとして、「ブレンディ」スティックと「ブレンディ カフェラトリー」の計39品のパッケージに4C認証ロゴマークを導入する。「われわれはアジアで初めてこの4C認証ロゴマークをつけた製品化を実現した」という。

4Cはコーヒーの持続可能な栽培と加工のための最大の認証システムの1つで、同認証システムはドイツ・ケルンに拠点を置く「4C Services GmbH」によって運営されている。

なお15年の「ブレンディ」スティックの大刷新では、カフェオレアロマを大幅にアップする新技術や短ピッチスティック充填の新技術を導入して、パウダー量を低減しスティック・カートン・段ボールのコンパクト化が図られた。