ロボットが商品を陳列 揚げ物調理・陳列も自動化視野 ローソンの次世代型コンビニ開店へ

ローソンは、ロボットが商品をバックヤードから運び商品棚に陳列する次世代型コンビニを9月にオープンする。デジタル技術で業務の効率化を行い、創出された時間で人によるおもてなしのサービスを提供するのが狙い。

その第1号店となるのは、国家戦略特別区域計画の特定事業として認定を受けた東京ポートシティ竹芝の店舗「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」。ロボットは、遠隔操作型のヒューマノイドロボットでTelexistence社(テレイグジスタンス社、以下TX社)が開発したもの。ロボットによる店舗業務の省力化と品出し精度の検証のため、TX社の子会社が直接加盟店オーナーとして店舗を運営する。

同店舗でロボットが品出しするのは、おにぎり・弁当・パスタなどの食事系商品、チルド飲料、日配食品などの要冷蔵商品、飲料、酒類。

導入後一定期間は人間による遠隔操作で品出しを行うが、最終的にはロボットを自律的に制御することに移行。その後、店内すべての商品の品出しを目指していく。また、品出し業務のほか、ロボットによるフライドフーズの作成・陳列も検討する。

同店舗への導入を通じて、将来的には他店舗への導入・拡大を目指す。