ひかり発酵滋養 精進ランチ提供開始 ベジアタリアンも安心!

ひかり味噌の子会社であるひかり発酵滋養が運営する日本料理レストラン「GINZA 豉 KUKI」(ぎんざくき)は1日、ベジタリアンも安心して食べられる精進ランチの提供を開始した。

今回提供する精進ランチは、動物性素材不使用で仕上げた。メーンのキーマカレーはひき肉を使わずに、フィンランドのそら豆由来のベジミート「ハーキス」を使い、みじん切りにした玉ねぎ、にんじん、椎茸を加え、スパイスで味を調えた。

トッピングには、ベジミートを使用したボリュームのあるメンチカツと彩り豊かな夏野菜の素揚げを付けている。また、このメニューのために6種の食材と11種の調味料とスパイスを調合した「GINZA 豉 KUKI」特製みそソースを開発。メンチカツやカレーにかけて楽しめる。

みそ汁のみそは、国産大豆、国産米を使った長期熟成天然醸造みそを使用した。だしは、鰹だしではなく煎り大豆のだしを使用。昆布だしと合わせて複雑なうま味のある、食欲を掻き立てる独特な風味のお椀に仕立てている。

デザートは、甘酒や酒粕を使った発酵アイスクリームを用意。濃厚な味わいの中にやわらかな発酵の風味を楽しめる。