名古屋・栄に都心型ドラッグストア 化粧品や弁当など強化 中部薬品

バローグループの中部薬品は6月25日、「V-drug広小路栄店」をオープンした。今年3月に開設した「錦二丁目店」に続く都心型の新業態店で、コンセプトは「Town(タウン)」。若い女性層をターゲットとした化粧品の品揃えを充実するとともに、近隣で働く人たちに向けて弁当など中食の取り揃えも強化した。トレンドに敏感な栄エリアの衣食住の拠点として、近隣のオフィスワーカーや飲食店等で働く人々の利用に供していく。

「広小路栄店」(名古屋市中区錦3丁目22-20ダイテックサカエビル1・2階)は、名古屋市営地下鉄・栄駅から徒歩5分の距離に立地。売場面積は1・2階合計で約960㎡(約290坪)、取り扱い商品は約1万6千品目。

化粧品コーナーでは、若い女性層の取り込みを狙いに韓国コスメやインポートコスメ、SNSやネット上で人気となっている商品を積極展開。最先端のAR・AI技術を搭載したメイクアプリや、iPadで好みのデザインを選べる簡単ネイルプリントの無料サービスも用意した。

近隣で働く人々に向けてはランチ商材や飲料などを手頃な価格で提供。中食では、店内調理の弁当・惣菜や、バローグループの惣菜専門店「デリカキッチン」の商品に加え、「Chuber MARCHE(チューバーマルシェ)」と銘打った特設コーナーを設置。「みそかつ矢場とん」「肉のスギモト」、食品メーカーヤマモリが手掛けるタイレストラン「サイアムキッチン」など、地元の有名店・人気店の弁当を揃える。

弁当など中食も多彩に(V-drug広小路栄店)
弁当など中食も多彩に(V-drug広小路栄店)

コーヒーマシンは1階に3台、2階に2台設置。2階にはイートインスペース(36席)も用意している。月額1千円(税込)で淹れたてコーヒーが飲み放題になるサブスクリプション(定額課金)サービスも行う。午後や週末の利用を想定し、スイーツ類も品揃えしている。

また、

①糖化測定器
②ベジチェック(野菜摂取の充足度)
③血管年齢計+血圧計
④骨健康度測定器

の4種の健康測定器(無料)を導入。セルフ健康チェックや測定数値に基づく管理栄養士への健康相談もできる。

初年度売上目標は5億円。売上構成比は食品4割、化粧品4割、日用品2割と試算する。