飲むヨーグルトに紙カップ採用 プラ使用量削減へ ローソン

ローソンは先月19日からオリジナルドリンクシリーズ「NLドリンクヨーグルト」でプラスチック容器から紙カップに切り替え、全国の店舗で順次リニューアル展開している。これにより、1本当たり平均約15g、年間約593tのプラスチック削減を見込む。商品に貼付しているストローも、一部に植物由来のバイオマスプラスチックを使用したストローに切り替える。

「NLドリンクヨーグルト」は「プレーン270g」(税込185円)、「ストロベリー200g」(税込140円)、「ブルーベリー200g」(同)、「ピーチ200g」(同)、「キウイ200g」(同)の5品をラインアップし、5品とも人工甘味料・香料・着色料を不使用となっている。